×

x

酒・茶・醸造・藻塩

浦霞醸造元 佐浦 うらかすみじょうぞうもと さうら

数々のコンクールで入賞しており、全国新酒鑑評会での金賞受賞数は全国でもトップクラスです。
『浦霞』の酒銘は大正年間、のちの昭和天皇にお酒を献上する栄を賜った際に、鎌倉幕府三代将軍源実朝の詠んだ歌『塩竈の浦の松風霞むなり八十島かけて春や立つらん』からいただき命名しました。

TEL 022-362-4165
FAX 022-362-7895
営業時間 10:00~17:00
定休日 日曜、年末年始、その他臨時休業あり
行事 蔵ガイド(蔵内の製造工程見学及びその説明ではございません。)
 ・1回目/11時
 ・2回目/14時
 所要時間/15分程度
 定員1回10名様
 (先着順、事前予約制)
 参加費無料
歴史 蔵元佐浦家では初め麹製造業を営んでいましたが、1724年(享保9)に酒造株を譲り受け、1800年代に入ってからは1000年以上の歴史を持つ、陸奥国一之宮 鹽竈神社の御神酒酒屋として酒を醸しています。
Webサイト http://www.urakasumi.com/

阿部勘酒造店 あべかんしゅぞうてん

宮城県内・塩竈市内での提供が主ですので、市内の飲食店で是非塩竈の魚と共にお楽しみください。

TEL 022-362-0251
FAX 022-362-9668
営業時間 8:30~17:00
定休日 日曜祝、第二・四・五土曜定休
歴史 1716年(正徳6/享保元)創業、現在の社長で14代目の歴史ある酒蔵です。
Webサイト http://www.abekan.com/

熊久商店 くまきゅうしょうてん

塩竈の地酒なら何でも揃っています。
試飲スペースがありますのででゆっくり試飲をお楽しみください(おつまみ持ち込み可)。

TEL 022-362-0441
FAX 022-362-0441
営業時間 平日 9:00~19:00
日・祝日 9:00~17:00
定休日 水曜
歴史 1860年(万延元)創業
Webサイト http://www.miyagi-jizake.com/

相原酒店 あいはらさけてん

「造り手と飲み手を結ぶ」相原酒店。
宮城県内の地酒を中心に、蔵元の協力の中で地酒を販売。
地酒の専門知識や管理はもちろんの事、蔵の想いや風景をお客様に「伝える」地酒屋を目指しております。

TEL 022-362-5187
FAX 022-395-5680
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜
歴史 昭和30年(1965)創業。平成26年(2014)より新店舗にて営業中。
Webサイト http://aiharasaketen.com/

矢部園茶舗 やべえんちゃほ

伊達藩時代より伝わる『北限のお茶』桃生(ものう)茶を始め、ペットボトル入り桃生茶の一番茶『伊達茶』など宮城ならではのお茶を扱っています。
『突撃!ナマイキTV』や『スッキリ!!』など様々なテレビ番組、また『レタスクラブ』や『オレンジページ』など様々な雑誌で取り上げられています。

TEL 022-364-1515
FAX 022-365-0636
営業時間 9:00~18:00
定休日 無休
Webサイト http://yabe-en.com/

荻原醸造 おぎわらじょうぞう

「江戸時代の商家でひと休み!」
無添加みそ・しょうゆの荻原醸造です。
甘口仙台味噌の「花こうじ味噌」、旨口スッピン醤油の「きあげ醤油」等
醸造、販売いたしております。
宮城・塩釜のお土産におすすめです!

TEL 022-362-0453
FAX 022-362-4440
営業時間 9:00~17:00
定休日 不定休
Webサイト http://www.ogiwara-jozo.com/

太田與八郎商店 おおたよはちろうしょうてん

創業1845年の味噌醤油醸造元
おいしい調味料を食卓へ

TEL 022-362-0035
FAX 022-362-0276
営業時間 9:00~17:00
定休日 日曜、祝日(休日営業もあり)
歴史 1845年(弘化2年)に塩竈神社門前に店舗、工場を構えました。
それより以前は鹽竈神社の表坂下西町で旅籠を経営。旅籠の賄いとして味噌や醤油を作り始めたのが、現在の商いの始まりとされています。

顔晴れ塩竈 がんばれしおがま

塩の聖地「塩竈」で古来から伝わる製法で藻塩を作っています。
原料は天然の海水とホンダワラ(海藻)のみで、まろやかで上品な味わいが特徴です。
海鮮料理や天ぷら、ステーキなど、お好みに合わせてご賞味下さい。
「塩竈の藻塩」を使ったスイーツも好評です。

TEL 022-365-5572
FAX 022-361-3370
営業時間 9:00~17:00
定休日 土日祝定休
Webサイト https://mosio.co.jp/